可愛くても実は獰猛

アライグマ

繁殖する前に対処する

北米原産の動物の一種であるアライグマは、本来日本には存在していない動物でしたが近年問題視されるようになった日本古来の生態系を壊す外来種です。見た目は灰褐色の毛をして、眼のまわりから頬にかけて黒い斑紋があり可愛らしく見えるので原産地北アメリカや日本でも人気があります。1960年代から1970年代にかけて、動物園や個人のオーナーがペットとして飼育されていたアライグマが、逃げ出す事件が多数あったのです。捕獲されたアライグマも何頭かはいますが、逃げ出した個体達は環境に慣れ繁殖が始まります。同じように飼い主から逃げ出した事件は、全国の各地から報告されるようになり今では全国のどこにでもアライグマが生息するようになりました。食性は雑食なので何でも食べるが、農作物の被害が特にひどく年々増加の傾向にあります。人間の食べ残した生ごみもアライグマにとっては、重要な食糧となるので生ごみの管理をきちんとしておかないと極めて危険です。そして個人の住宅や由緒ある建造物でも勝手に住み着いてしまうので、気づいた時点で駆除を検討しましょう。対応は少しでも早い方が賢明ではあっても、素人がむやみに手を出して駆除しようとしてはいけません。何故ならばアライグマは可愛らしい見た目に反して、気性が荒い個体が多いので駆除しようと気軽に手を出して噛まれたという報告もあります。そしてもう一つ気軽に素人が、駆除に乗り出してはいけない理由があるのをご存知でしょうか。それは動物愛護という視点から反対する人がいるので、捕獲するだけでも罰金を取られることもあることです。捕獲してもデメリットしかないので、駆除したいのなら専門業者にお願いすることをおすすめします。

Copyright© 2018 嫌なシロアリをガードする方法【放置せずにすぐに専門の業者に相談】 All Rights Reserved.